昔からある伝統行事|節分の日について知ろう

豆まきの定番プレゼント

豆

節分の日は、邪気を追い払う大切な行事になります。昔から様々な風習が言い伝えられていますが、豆で邪気を追い払い福を呼び込むために行なう行事です。その為、節分に関係するプレゼントなどこの時期に持参すると喜ばれるでしょう。

もっと見る

日本の伝統行事

豆まき

節分とは日本に古くからある伝統行事の事で、2月3日に厄払いを目的として行われるものになります。炒った大豆を室内や外にまいたり、年の数だけ大豆を食べたりといった行事を行う場合が多いです。この時期に知り合い等に贈り物をする機会がある場合には、大豆と鬼のお面のセット等を贈るというのも良いものだと言えます。

もっと見る

母へ感謝の気持ちを伝える

花

母の日は母に感謝の気持ちを伝える日です。贈り物はカーネーションが代表的ですが、他にも色んな品物を贈る方がいます。贈り物だけでなく、家事を率先して手伝って母に休んでもらって何もしなくていいい特別な日とする家庭もあります。

もっと見る

日本の伝統行事

豆と鬼

恵方巻きのルール

節分といえば「おにはーそと」、「ふくはーうち」の掛け声とともに行われる豆まきは有名ですが、これに加えて恵方巻きや鰯を食べる文化もあります。豆まきや鰯を食べるのには特にルールなんてありませんが、恵方巻きを食べる際には切らずに丸かじりして食べる、恵方を向いて食べる、喋らず黙って食べるという三つのルールがあります。まず、切らずに丸かじりするのは縁を切らない様にする為で恵方とは歳徳神がいるその年の良い方角の事です。恵方は毎年変わるのでその都度確認するようにしましょう。最後に喋らずに黙って食べるのは喋る事で内に取り込んだ運気がポロポロこぼれ落ちてしまうからだと言われています。節分の日に恵方巻きを食べる際にはぜひこの三つの事を意識して食べるようにしましょう。

鰯の飾り物

節分の日には豆まきや恵方巻きを食べる事に加え鰯を食べる習慣もありますが、実はこの鰯は食べるだけでなく柊の小枝と焼いた鰯の頭で作った飾り物としても用いられています。そもそも鰯という字は漢字の「卑し」と「弱し」が語源となったと言われていて、それらの陰の気を払う為と鰯を焼く際に出る煙と臭いが鬼を追い払ってくれるという意味があって食べられるようになりました。昔から魔除けには尖った物や臭いのきつい物が用いられてきた事もあって、節分の日に柊のギザギザと鰯の臭いというダブルの効果を持った飾り物を飾る事で魔だけでなく鬼をも追い払うという意味があります。これは「柊鰯」または「節分鰯」などとも呼ばれているそうです。