日本の伝統行事|昔からある伝統行事|節分の日について知ろう

昔からある伝統行事|節分の日について知ろう

日本の伝統行事

豆まき

2月の伝統行事

日本には1年を通して様々な伝統行事が存在しており、現在でもその伝統が脈々と続けられています。日本は世界的に見ても四季の変化がハッキリしている国のため、それぞれの季節に合わせた行事が自然と行われるようになりました。また昔は疫病等が流行った時に効果的な治療方法がなく、神仏にすがる事で回復を願うというケースも多くありました。こうした神仏にすがるという事が少しずつ変化して、伝統行事として現在に伝わる事も少なくないです。1年を通して行われる伝統行事の中で2月に行われるものとして有名なのが、節分というものになります。毎年2月3日に行われる厄払いを目的とする行事となっていて、その内容は地域等によって多少の違いがあります。

具体的な特徴等

節分で行われる行事の有名なものの一つに豆まきがあり、炒った大豆を室内や外にまくというものになります。それ以外にも炒った大豆を自分の年齢の数だけ食べると、1年健康に過ごす事が出来るといった風習もあります。また地域によってはその年の恵方を向いて太巻きを食べるという行事もあり、近年では全国的に浸透してきています。この時期に知り合い等に贈り物をする機会がある場合には、節分に関する物を贈るのも良いものです。例えば豆まき用の炒った大豆と鬼のお面のセットや、太巻きを作るのに便利なグッズ等を贈るというのも喜ばれるので有効だと言えます。ただし節分で行う行事は家庭によって異なる場合もあるので、そういった点も考慮して選ぶ事もポイントだと言えます。